前回の続き>>社員旅行で日本を訪れています。宿泊ホテルは新宿の西口から5分。団体でのディナーが終わったのが9時。残念ながら百貨店は閉店、しかし歌舞伎町は活気づいています!

そして、アメリカ人上司が、わがままを言い出す。

「まだ9時だよ~デパートは閉まってるしさ、どこか連れてってよ。ホテルに帰るには早すぎる!せっかく日本に来たんだから!日本でしか味わえない面白い体験がしたいんだよ!ラスベガスみたいなショーってないの?、探して!」 

ラジャー!一生懸命Googleするも、訪日外国人向けのナイトショーがほぼないことに気づく・・・。
しかもこの上司は海外旅行慣れしてるのでちょっとやそっとのショーじゃ満足しない。
ちなみにこんなものをおススメしたら、猛烈ダメだし・・・。

  • ニューハーフショー → タイよりいいの?
  • マジックショー → 小手先だけならいらない
  • 歌舞伎 → 音楽が眠そう
  • 相撲 → よくわからない
  • キャバクラ → 英語できないとコミュニケーションできないでしょ。フィリピン人はダメっすよ?
  • スナック → オバサンでしょ?キャバクラと同じく会話できないよね。
  • ゲイバー → タイプではない。オレは女が好き
  • クラブ → うるさ過ぎる。ダンスできてお酒も飲めて気軽に会話できる場所ないの?
  • カラオケ → 同僚だけでいくの?別に日本じゃなくてもいいよね

見事なまでにアメリカ人上司からぶった切りNO!

気軽に入れて予約無しでも当日OKみたいなエンタメの需要ってかなり高いはずなのに・・Why?!Why Japan?!
グーグルに時間をかけていると上司がイライラし始め、「いいよ!歩きながらGoogleで情報探して!」と。
ワガママ上司に便乗した気弱な中華系のオッサン上司も付いてくると言い出す羽目に・・。

そんなわけで、歌舞伎町2番街をとりあえずブラブラすることになりました。6人のオジサン(平均年齢55歳)を引きつれた女性が英語で風○店やキャバクラ、ホストバーを紹介する姿はかなり滑稽にうつったことでしょう。

上司 What is that?
私  eh hmm that is special Massage shop
通りすがりの日本人 スペシャルマッサージだってよ!爆笑

そうして歌舞伎町2番街を歩いていると、一角に大きなスクリーンがあり、その前で皆がハッと足を止めました。
何コレ?!大きなスクリーンにロボットがダンスしている姿が写っています。
一人が、Youtubeで見たことある!ここに行きたい!と叫ぶと、他の5人もかなり乗り気に。

調べてみると、「ロボット・レストラン」だそう。公式HPでは” 新宿歌舞伎町にある100億円の巨大ロボットが歩くレストランです。空前絶後のエンターテイメントショーを見ながらの飲食をお楽しみ下さい。”と紹介されています。外国人の指標になっているトリップアドバイザーでもかなりのレビュー数と高評価。

受付スタッフ、店内スタッフも外国人慣れしていて、英語ペラペラ。黒縁めがねの白人のマネージャーらしき人もいました。中に入ると観客は7割が白人外国人でした。お店によると収容人数は170人、ほぼ満席。

7千円x150人ってかなりの収入?!ショーは毎日4回行っているそうです。

 

 

内装は日本の奇天烈アニメ文化にファンタジーを抱いている人が演出したんだろうなという感じで、壁一面が液晶スクリーンになっておりそこにアニメっぽい格好をした可愛い&セクシーコスプレお姉さんが順次紹介されます。スクリーンで演出されるド派手なネオンカラーのギラギラ感、プラスチックの椅子とテーブル、会場全体の安っぽい作り、日本語なまりでの英語アナウンスが何とも言えない危うい雰囲気をかもしだしています。

レインボーカラーの歌舞伎風のカツラをかぶった女子達が準備を始めると、会場がザワザワし始めました。会場はかなり狭くダンサーと前列客の至近距離は1Mもないくらい。

遂に始まった!音楽もかなりいいじゃん!女子ダンサー達も超可愛い!
和太鼓とエレキ、歌舞伎とヒップホップ風なダンス、新旧混在なジャパニーズ・カルチャーが外国人を盛り上げます。

100億かけた割にはスクリーン以外、内装かなりしょぼいなと思ってましたが、ロボットやセットはかなり凝っていて納得。

ノリノリの音楽と満面の笑みでサービスをふりまく女子ダンサーに癒され、2時間のショーは終了。ワガママ上司から「Good Job!」とお褒めの言葉を頂き、皆さん満足そうにホテルに帰りました。

数年後には観客が中国人だけになってたりして・・・。

感想まとめ

爆買いする層って海外旅行初心者の成金と中流階級。ある程度、海外旅行に慣れている人と高齢層はあまり物を買わず、現地での経験(見たり、食べたり)を楽しむことに重点をおく。

日本が観光立国を豪語するのなら、こういうロボットレストランのような日本独特、カジュアルにナイトライフを楽しめるショーを増やすべきではないかと思います。9時以降百貨店が閉まった後がチャンス。でも日本政府的には絶対オフィシャルにおすすめできない場所だろうなぁ。

ダンサーもキッレキレ、ストーリ性、音楽、衣装、ロボットの作りもかなり凝っていて非常に楽しめました。日本語が通じない外国人だけでもなく日本人にもおすすめ。正統な日本文化を愛する人は絶対に受け入れられない程のアングラ感。しかし、これはこれで新しい日本独特の文化かもと思いました。ここでミュージックビデオとか撮るとすごいいい感じかも。

観察おわり。

PS
しかし、ここのスシ弁当BOXは一見にして分かるほどカッピカピに食べ物全体が乾いており非常に不味そうでした。

My MEMO 
外国人向けの接客が可能な従業員の確保および育成が不可欠

また高齢者需要の開拓については、遊技頻度・時間に制限を設けるなど、健全性に十分配慮された仕組みづくりはもちろん、送迎バスなど補助サービスの提供についても検討していく必要があるとみられる。

(Visited 42 times, 1 visits today)