自分なりにわかりやすいブログの書き方をまとめてみました。

弊社ではウェブサイト制作をマーケティングの一部サービスとして提供しています。サイト制作後、「はいあとはご勝手に」というのはマーケティング会社としてダメだと思っているので、制作後は「集客につながる、ファンを作るブログの書き方」を合わせてアドバイスしています。

ここはこうしたほうが良い、このキーワードの反応がよいので関連ワードを増やしましょう!など1ヶ月間の分析レポートを見ながら、LINE電話を使って1時間ほどミーティングしています。その中で培った経験を少しでも共有できたらと思います。

わかりやすいブログの構成とは

  1. 読手をはっきりと意識する
  2. 読みやすいデザインを意識する
  3. 写真を入れる
  4. ブログの構成を意識する
  5. ブログの内容を意識する

 

読手をはっきりと意識する

記事を書く前に誰に読んでほしいかをしっかりと具体的に頭の中に浮かべる。そしてその人にむけて記事を書くこと。

例)この記事はブログで集客したいけど、ブログでの集客をどうすればいいか全く分からない初心者、ブログを書いているけど全然集客につながらずどうすればよいか方向性を見失っている人に向けて書いています。

⇒ ペルソナの設定 (あなたのターゲットは誰?)お手伝いが必要な方はご連絡下さい

ここをはっきりと理解しながら書くことで

  • あなたのサービスを本当に受けて欲しいお客様
  • あなたの商品をこの人に買ってもらえて良かった思えるお客様

デザイン的な部分

>  フォントの設定 

日本語 ”MS UI Gothic” で統一
フォントサイズ10.5または11
英語 Arial ” で統一
フォントサイズ10.5または11
行の高さ
lineheight: 1.7;
段落間
 marginbottom: 2em;

”  ” 部分は自分の好きなフォントで良いと思います。小さしすぎるフォントや、ギュウギュウにつまった字は意外とストレスを生みます。

本質ではないけれど、ちょっとした読みやすさのデザイン面での工夫も読み手を飽きさせない一つの方法です。

>  段落・行間の設定
1段落は3~4行以内にする。改行する時に、一行一行空けない。むやみに大文字それもすごい大文字にしない人の感情に訴えかけるようなポエム調ブログなんかは1行30文字前後を超えたら改行する。2,3行でまとめると見やすいと思います。

>  色
色を乱用しない、2色(黒、黒太字、赤)、多くても3色まで

>  強調の方法
ハイライト、下線をひく、引用を使う、色(上記の通り)

写真をいれる

>  無料の写真
写真の無断転用は法律違反です。最悪の場合訴えられる可能性もあります。
無料でしかも著作権フリーで引用表記の必要ない写真はここから

⇒ シンプルでかっこいい外国風の写真

⇒ 日本語無料写真素材

ブログの構成

>  タイトル/ サブタイトル
60文字以内。SEOを意識して、しっかり考えてつける。
検索されるだろうなと思うキーワードを入れる。

>  サブタイトル
内容のまとまりで一区切りしてサブタイトルをつける。

⇒ キーワードの選び方、お手伝いしています。ご連絡下さい。


ブログの内容

>  日記を書かない
集客を意識するなら日記を書かない。
今日何をして何を感じたかを書いていいのは芸能人だけ。

売り込まない

買って下さい。

申し込んで下さい。

クリックして下さい。

そういうことが少しでも感じられると読者はすぐに嫌気を感じ離れます。では、何を書けばいいのか?まとめ、新情報、気づき、自分なりの解釈、おススメ、ブログの辞書化 etc

読者の役に立つ内容を書く。」これが基本です。

余談ですが、そもそもターゲットを設定していない、理解していないとこのような惨事がふりかかります。

ビジネスのターゲットを間違えて動くと、無駄な悲しみと失望に襲われ、自分が無力に感じてくる

もう既に記事がある場合は、それをうまく役立つ情報に書き直せないか見直してみてください。書いていくうちにどんどん自分なりの書き方が確立されてくると思います。その時は自分の書きやすいやり方を優先して下さい。書いた後は自己満足にならないように、必ず数字を見ながら必ず分析すること。ブログに費やす時間も資産の一部ですから。

 

お手伝いできること○ 具体的にあなたの商品やサービスを使ってほしい人を設定 ‐ ペルソナの設定
○ 既存記事の書きなおしのお手伝い
○ 検索されやすい記事をつくるためのキーワードの選定

   
Happy Marketing !

(Visited 22 times, 1 visits today)