台湾 銀行口座開設 方法

台湾非居住者でも1日で開設できました

年に2,3回は台湾に行くため、毎回渡航の度に為替のレートを気にしながら両替をしていましたが、ここ最近は円高が続いているため、まとめて台湾ドルを買って現地で保管しようと思いたち開設にいたりました。いちいちレートを気にせずに買い物できるのと、お買い得感が嬉しいです。Thanks アベノミクス!

台湾 日本 為替レート

円高はいつまで続くかわからないため、とりあえず円高のうちに両替しておく

台湾ドル対日本円の為替レートはここからチェックできます。
http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=JPY&to=TWD&view=2Y

どの銀行を選ぶか

銀行を選ぶにあたりこの3点を重要視しました。

  1. 非居住者でも開設ができる
  2. 海外からでもネットバンキングを使える
  3. アクセスに便利 >何かあったら足を運べる

ちなみに本当はHSBCで開設したかったのですが、HSBCは非居住者は開設不可とのことでした。結果、台中で一番大きい彰化銀行(チャンファインハン)を選ぶことにしました。

CHB

彰化銀行(しょうかぎんこう、略称:CHB)は台湾台中市に本社を持つ、台湾を代表する大手商業銀行の一つである。かつては第一銀行 (台湾)華南銀行とともに「省属三商銀(台湾省政府所属の三商銀)」と呼ばれた。

台湾での銀行口座開設に必要な書類(非居住者の場合)

  • 中華民國統一證號 (移民局で申請&取得)
  • パスポート
  • フルネームの印鑑
  • 現金 口座開設の際に必要NT1,000ほど
  • 台湾での連絡先 (住所、電話番号)

※ 私は主人の実家が台湾なので住所、電話番号に問題はありませんでしたが、私のようにツテが全くない人は事前に銀行に聞いた方が良いと思います!一応HPでは日本の身分証明があれば開設可能とは書いていましたが、各銀行のコンプライアンス規定次第となる可能性が高いです。

銀行に行く前に先ず移民局

まず、銀行に行く前に移民局に行きます。非居住である外国人の身分証明書として中華民國統一證號を申請します。台湾で言うマイナンバーのようなもので移民局ですぐに発行してもらいました。必ずパスポートを持って行って下さい。印鑑は必要ありません。

人が全然いなかったので30分足らずで発行してもらえました!

台湾 中華民國統一證號

移民局で書類をもらったら銀行へ行く

次にこの中華民國統一證號、パスポート、フルネームの印鑑を持って銀行に行きます。あとは申請用紙に必要事項を記入し、入力処理を待つだけです。

後日ATMカードができるので、カウンターまで取りに来るようにと言われましたが1週間後は台湾にはいないので郵送して欲しいと伝えると断られ、代理人として義父が取りに行くことでOKが出ました。

日本からまとめたお金を送るので、台湾ドル口座と一緒に、日本円口座も作りました。
振込がされた時点で、両替するかそのままにしておくかという選択肢があるそうです。

ネットバンキング、キャッシュカードのパスワードを設定してもらい、預金通帳をつくりNT1,000ドルを入れて終了!これで台湾生活も少し便利になると思うとワクワクします。

台湾に居住していない私が、アクションから口座開設までトータルで3時間弱で銀行口座を開設できました。田舎だったから人が少なかったのもの良かったのかもしれません。

Taiwan Bank Opening

初めての台湾での銀行口座開設に少し感動

移民局での中華民國統一證號の発行、印鑑の作り直し、銀行口座開設まで中国語で完結できるようになった自分にも少し感動し、達成感のある一日でした。

雑記メモ

私は中国語が多少できたのでスムーズに行きましたが、中国語が全く分からない場合は現地の方に同行してもらわないと難しいという印象でした。私は中国語よりもやはり英語の方が達者なため、役所の方、銀行の方と最初は英語でのコミュニケーションを図ろうとしましたが、ダメでした。

余談ミス話
フルネームの印鑑ではなく、名字だけの印鑑を見せると「これはダメ作り直して」と言われました。しかし隣のオンボロの印鑑屋に行くと10分NT50でフルネームの印鑑ができたので一安心しました。

余談話
ネットバンクにはアプリをダウンロードするのですが、ちなみに台湾ではアプリをエーピーピー(APP)と発音するそうです。


 

(Visited 278 times, 1 visits today)