シンガポールで法人口座開設

所要時間30分とても簡単でした。

シンガポールで法人口座を開きました

法人登録が終わったので、今日は遂に法人口座を開きます!
私の場合、個人の口座があり、小切手ポストが会社から近い銀行を選びました。
シンガポールの3大銀行 DBS, UOB, OCBCならどこで開設しても間違いないでしょう。

まずはオンラインで申請します。
ACRAに登録された会社情報を入力、5分で終わりました。
その後、担当者から電話があり支店の訪問日程を決めました。

当日
訪問前に、再度オンライン上にある法人口座開設必要書類チェックリストを確認します。
1時から2時の間と言われたので、1時に行くと「まだ他の人に対応中」とのこと
シンガポールあるあるなので、ここは軽くスルーします。

結局1時半にお部屋に通されました。
まずは現地通貨であるシンガポールドル口座と、
日系会社との取引も少々あるため日本円口座を開きました。

最低デポジットは1万ドルと15万円です。
署名権限者を指定し、トークンをひとつ発行してもらうことにしました。
トークンは2つ持つこともできるそうです。
2人で別々に管理し、資金移動にも2人でのトークン入力が必要となります。
面倒なので、とりあえず私はトークンひとつだけにしました。

開設には3~5営業日かかるそうで、開設後の預金でOKということで今日は一円も入金しませんでした。
訪問から30分足らずであっという間に終了しました。

シンガポールでは印鑑は使用されません。
全て署名により締結されます。

日本だと印鑑証明をもらったり
公証したり時間がかかりますが
それがないため楽だと思いました。

 

(Visited 56 times, 1 visits today)